自動で通信量を最大50%も節約してくれるアンドロイドアプリ『OperaMAX』がすごい!

シェアする

以前に

https://maruhack.com/smartphone/lte%e5%9b%9e%e7%b7%9a7gb%e3%81%ae%e5%a3%81%e3%82%92%e8%b6%85%e3%81%88%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab%e3%81%af%ef%bc%9f%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%ae%e5%85%ac%e8%a1%86%e7%84%a1%e7%b7%9alan

という記事を掲載しましたが、今回使ってみたOperaMAXはLTEに接続した状態での通信量を自動的に最大で50%にまで圧縮して節約してくれるアプリ!軽快なブラウザとして人気のOperaの会社が開発した。

使い方は超簡単

スポンサーリンク

OperaMAXをインストールして起動しておくだけで節約モード

使い方は超簡単。アプリをインストールしたらあとは起動しておくだけ。自動ですべての通信の中から圧縮できそうなもの(画像、動画など)のデータを小さくしてくれる。

どんな原理?

ウェブサイトの画像や映像などのデータを一度Operaのサーバーで圧縮してからスマートフォンに転送してくれるためデータ量の節約ができる。

ブラウザだけでなくいろいろなアプリの通信にも対応

ブラウジング時の節約はもちろん、ゲームアプリや映画アプリのデータまでも圧縮してくれる。加えてデータが軽量になるということはデータのダウンロード速度も向上するということ。

動画・画像閲覧時に最大の効果を発揮

近年ではYouTube・ニコニコ動画・Instagramなどなど、動画や画像を主としたコンテンツが多くこれらを快適に見れることがスマートフォンの最大の利点とも言える。しかしデータ通信量が制限されていてはおちおち観ていられない。

OperaMAXの圧縮機能を使えばデータ量を半分以下にまでおとせます。

比較動画

1.4 MBVer.(圧縮前)

0.6 MBVer.(圧縮後)

このように動画を圧縮することで大きくデータ通信量を削減することができる。圧縮のレベルは設定画面で調整することができる。

いくつかの欠点

欠点は画質

ただし、いいことづくめというわけではなくやはり圧縮すれば画像や映像の画質は格段に落ちてしまう。綺麗な状態で見たい時は圧縮をオフにしてうまく使い分けよう。

Wi-Fiは非対応

OperaMaxが対応しているのはLTE通信。Wi-Fi接続時はデータ圧縮はできない。まぁWi-Fiを使ってるなら圧縮する必要もないでしょうけども。

電池消費が増大

実際に計測してはいませんが、今までF01-Aをフル充電してから一日使ってみて電池残量が50%を切ることはめったにありませんでしたが、OperaMAXを稼働させているときは50%を切ることがあります。おそらくOperaMAXのサーバーと常に通信状態にあるため電池消費が増えているものと思われます。

OperaMAXの使い方

1.OperaMaxのダウンロード

Opera Max - データマネージャPlay icon Opera Max – データマネージャ

制作: Opera Software ASA
価格: 無料
平均評価: 4.1(合計 18,741 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

 まずはGoogle PlayよりOperaMAXをダウンロード。

2.利用規約に同意してOperaMAXのクラウドに接続して完了

インストール後、アプリの概要説明。現在インストールされているアプリからどれだけデータ通信量を節約できるか見積もりを出してくれる。データ圧縮ONになればこれだけで節約してくれる。
Screenmemo_2015-01-02-02-52-30 Screenmemo_2015-01-02-02-52-41

実際の効果は?

圧縮ONにしてすぐインスタグラムの写真を流し見してみたところ68%(5.9MB)のデータを節約。終始ONにしておけばかなりの量節約できるでしょう。

ちなみに圧縮のONとOFFは右上の電源ボタンで切り替え可能です。

Screenmemo_2015-01-02-02-57-50

モバイルルーターなしで7GBの壁に対向するには必須のアンドロイドアプリ「OperaMAX」の紹介でした!
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク