あなたが休憩中のコーヒーに砂糖を入れた方がいい理由

シェアする

仕事中にひといきつくためにコーヒーブレイク。という習慣は広く日本人に根付いているかと思います。

集中力を上げるため、眠気を覚ますために「苦いコーヒー」をという人は少なくないのではないでしょうか。

しかし、

スポンサーリンク

脳を活性化させるにはカフェインと砂糖を同時にとると良い

カフェインだけでなく砂糖を一緒に摂取することで脳の働きをさらに促進させることができることが研究によって明らかになっています。

まずカフェインと砂糖、それぞれの効能について見て行きましょう。

カフェインが脳に与える影響

興奮作用がある

興奮作用、これは広く知られていることかもしれません。
カフェインはアデノシン受容体と呼ばれる「眠気を感じる物質」によく似ていることから、同物質と結合し、ドーパミンやグルタミン酸などの興奮物質の働きを活性化させることで興奮作用に結びつくそうです。これにより朝の眠気を一気にふきとばすことができるんですね。

砂糖(ブドウ糖)が脳に与える影響

この項目は引用にて失礼します。

脳のエネルギーはブドウ糖だけ

脳はブドウ糖以外のものをエネルギーとして使うことはできません。また脳に貯蔵できる量もごくわずかなので、こまめにブドウ糖を補給することが脳にとっては必要です。

脳に素早く栄養を与えるのは砂糖

ブドウ糖は砂糖のほか、ごはん・パンなどのでんぷんを構成する成分のひとつです。これらを食べることが、脳にエネルギーを補給する事になります。中でも分子構造が簡単な砂糖は、小腸で消化吸収され、その後数十秒で血液中に現れます。砂糖を含んだ甘いものを上手に摂取することは、脳の活性化につながるのです。

得られる相乗効果

カフェインと砂糖(ブドウ糖)の効能はお分かりいただけたでしょうか。

つまり、カフェインで脳の働きを活発にさせるだけでは”脳の活動に必要な燃料”が足りません。

砂糖(ブドウ糖)を同時に摂取することで必要な燃料を供給するのです。

スポンサーリンク