【やってはいけない】日本料理での5つの間違ったマナー

シェアする

イタリアンレストラン、フレンチレストランなどでの食事マナー。フォークは左、ナイフは右、など食事マナーはきちんとできている!という人でも見落としがちな「日本料理を食べるときの食事マナー」

日本人なんだし当然できている と思っていても実は間違いだったりするようです。

スポンサーリンク

間違っている日本料理マナー5つの例

livedoor News より引用

手を受け皿にして料理を口に運ぶ

こぼれそうだからと手を受け皿の代わりにするのは、上品そうに見えてNGマナーです。※懐紙を使ったり、持ち上げてよい食器の場合は、食器を持ち上げて食べます。

刺身や焼き魚、大鉢の皿は持ち上げて食べないので、そのままお膳に置いたままいただきます。基本的に小鉢や小皿、お椀、どんぶりは持ち上げてOKです。

※懐紙とは

懐紙(かいし、ふところがみ)とは、懐に入れて携帯するための小ぶりで二つ折りの和紙のことである。手にして持ち歩いている紙という意味で手紙(てがみ)ともいう。

平安貴族から現代一般人にいたるまでメモ用紙、ハンカチ、ちり紙便箋などの様々な用途で使われてきた(和紙#平安時代の紙文化も参照)。こんにちでは、和装の際や和食の中でも特に会席料理などの改まった席、茶道の席などで使用することが多い。 Wikipediaより抜粋

要するに、ハンカチか紙ナプキンつかえってことな

わさびを醤油に溶かす

お造りの刺身を食べる時は、わさびを醤油に溶かすのではなく、刺身全体にわさびをつけてから醤油につけて食べましょう。醤油皿は、持ち上げても大丈夫です。

座布団を踏む

日本料理はお座敷でいただく場合も。お座敷での座布団や敷居・畳のへりを踏むのは、マナー違反とされています。訪問先でも同じで、相手への敬意を欠いた行為と見なされることに。

追記

じゃあどう座ればいいの? と思い調べてみたところ、座布団の前に立って膝から下ろすように座り、立ち上がるときにも足の裏が座布団につかないように少し後ろに下がってから立ち上がるのが良いようです。

ちなみに基本は正座、「どうぞ楽にしてください」と言われてからくずすのが座布団マナーらしいです。

おしぼりでテーブルをふく

おしぼりはナプキンとは違い、手を拭くものなので、テーブルや口もとを拭かないようにしましょう。テーブルに何かこぼした時は、お店の人に頼んで拭いてもらいます。口もとを拭く時は、持参したハンカチやティッシュ、懐紙などを使って。

食べ終わった食器を重ねる

食べた後は、器やお皿は元の位置に戻しておけばOKです。食器が傷付く可能性もあるので食器を重ねたり、片づけたりすることも不要です。

2chの人たちは・・・

おしぼりは顔拭くものだろ

↑ついでにメガネのレンズも

食事中のマナーにうるさい人が不快です。マナーを守ってください。

うぜえ話だわさびを溶かすのは俺の好みだ

maruは・・・

座布団踏んじゃうのはやってたかも・・・・。

ただ、みんなで楽しく食べてる時にうるさくマナーつっこむ人も確かにマナー違反な気もするね。こそっとその人に言うくらいにしてあげてよ。

スポンサーリンク