LTE回線7GBの壁を超えないためには?無料の公衆無線LANを駆使して制限回避!

シェアする

Picture …”Before I built a wall I’d ask to know / sara biljana (account closed)

スポンサーリンク

なぜLTE回線があるのにスマホにWi-Fi接続が必要なのか

超えてはいけない7GBの壁

【2014年11月現在】スマホで利用されている各キャリアのLTE回線には1か月7GBの通信料制限が設けられている。ドコモによれば”一部のユーザーのデータ通信量が増加しており安定したデータ通信の確保とユーザー間の不公平感を解消するため”と説明している。

通常の使用(メールの受信、ニュースサイトの閲覧、ゲームアプリ)で7GBを超えることはそうないが、YouTube・ニコニコ動画などの動画サイトを頻繁に利用したり、パソコンをネットに接続するためにテザリングを使ったり・・・と気づけば7GB!?なんてこともありえる。

実際に7GBの壁を超えると通信速度に制限が課せられる

6GBを超えた時点で警告のメールが届き、超えてしまうと最大送受信速度は128kbps制限される。制限後の速度は通常時の約800分の1・・・。メールを受信するには問題ないが、ウェブページを閲覧するにはかなりストレスのかかる速度。

動画の閲覧なんてできたものではない。 快適な回線速度が売りのLTEでこんな速度制限がされたのではたまったものではない。

制限を解除する方法はあるがかなり割高

2GBを開放するのに2,625円もの支払いが必要になる。

動画サイトを閲覧しても7GBを超えないためにはWi-Fiを活用する

 各キャリアが提供している回線以外を使えば7GBのうちには入らない

自宅で無線LANを設置している場合、スマホのWi-Fiスイッチオンにして無線LANに接続すれば各キャリアの回線は利用していないことになる。動画を閲覧するときのみWi-Fiを利用すれば通信量を大きく節約できる。

1.外でも無線LANを使いたい場合公衆無線LANがおすすめ

最近ではカフェやファーストフード店の中には公衆無線LANを設置しているところが多い。

無料のものもあるが“一日30分まで”などの利用時間に制限がある。有料のものでも月額数百円で時間制限なく利用できるものもあるので頻繁に利用する場合は有料の契約をしてみるのもありかと思う。

2.頻繁に移動しながらWi-Fiを利用する場合はモバイルルーターがおすすめ

公衆無線LANは便利だがスポットを離れてしまうと電波が届かなくなり切断されてしまうのが難点。そこで使いたいのがモバイルルーター。

モバイルルーターとは: モバイル通信回線へ接続し、自分専用にWi-Fiの電波を構築できる携帯型の無線LAN機器。WiMAX、イーモバイルなどが提供。

2GBを開放するのに2,625円も支払うくらいなら同じくらいの金額でモバイルルーターを契約したほうが得策とも考えられる。それぞれにあった方法を選ぼう。

以上、「LTE回線7GBの壁を超えないためには」でした!
私は今のところ公衆無線LANでなんとかなってます(。-`ω-)
スポンサーリンク