【PC高速化】Windows起動時に勝手に起動するソフトをオフにして動作を高速化する方法【Glary Utilitiesの使い方】

シェアする

Glary Utilities | Glarysoft

Glary Utilities | Glarysoft
The Official Website of Glary Utilities. The #1 free, powerful and all-in-one utility in the world market!
http://maruhack.com/software/%E3%80%90pc%E9%AB%98%E9%80%9F%E5%8C%96%E3%80%911%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%A77%E3%81%A4%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%86%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E6%9C%80%E5%BC%B7

前回紹介した「Glary Utilities」のなかで使える機能”スタートアップの管理”について紹介。

インストールがまだの人は上記記事を参考に是非インストールしてみましょう。

スポンサーリンク

Windowsの起動速度を上げるために

スタートアップとは Windowsを起動した時に一緒にかってに起動するソフトたちのこと。

グラフィックボードの設定ソフトやDropboxやAdobeの自動更新などなど、PCが起動する際には多くのソフトが一緒に起動されています。

スタートアップの管理で速度があがる?

主に便利な機能・ソフトがここで機動するのですが、中には知らずにスタートアップに紛れ込んだソフトや最近は使わなくなったので結局すぐ終了させるソフトなどの無駄に起動時間やCPU使用率・メモリなどを消費してしまうやつらがいます。

こいつらをそもそも自動で起動しないように設定変えてしまうことで、Windowsの起動時間短縮・起動後の動作のスピードアップを図ろうということです。

「Glary Utilities」のスタートアップ管理機能

スクリーンショット 2015 02 26 19.32.491

これを使いましょう。スタートアップのオン・オフはステータスの項目をクリックするだけで可能です。

どの項目をオフにするべきかの判断基準

今回確認した際には、134個のプログラムがWindows起動時に実行されていました。

ではこれだけある中でどのプログラムをオフにすべきか という疑問が湧いてくると思います。そんなときには以下の項目を確認することでおおよその判断ができるでしょう。

有用性

オフにした場合にどれほど効果があるのかが他のユーザーからの情報を元に★5までで評価されています。

★★★★★で最も効果がある項目となります。

ロード時間

項目ごとに起動までにかかる時間をおおよそで表示されています。秒数が長いものほどオフにした時の効果が高くなります。

ステータス

現在Windowsの起動時に自動実行するのかどうかが表示されています。「有効」「無効」をクリックすることでオンとオフが切り替わります。

上部のタブ

スタートアッププログラム・スケージュールされたタスク・アプリケーションサービス・Windowsサービス

とあります。スタートアッププログラムの項目以外も起動時間に大きく関わっていますので、★やロード時間を確認して不要なものはオフにしましょう。

※ただし、セキュリティソフトなども含まれていますので要注意です。

あとがき

PCの電源ボタンを押してからPCが使えるようになるまでの時間を短縮できる「スタートアップの管理」でした。

まぁ僕はそもそも電源をめったに切らないのであんまり実感はないですが、無駄なプログラムが裏で動いているのは気持ち悪のでオフにしてってます。

スポンサーリンク