目覚めが悪いあなた もしかしてスヌーズ機能を使ってませんか?

シェアする

6909739107_61808414d5_bキーワードは睡眠慣性。

目が覚めているのに、まだ寝ているような気分の状態のことを睡眠慣性と呼ぶらしい。

そしてこの睡眠慣性の状態をどんどん悪化させてしまうのがスヌーズ機能である。

目覚めの悪さはスヌーズ機能のせい…睡眠慣性の症状が悪化? - Peachy - ライブドアニュース
しっかりと睡眠をとったつもりでも朝からぼーっとしてしまいスッキリと起きられないとき、身体は起きているのに脳が眠っているように感じませんか?とくに二度寝をしたときや、アラーム機能を2度以上使っていたり

脳は起床する際に少しづつ少しづつ覚醒していくようになっています。

それを何度も何度もスヌーズ機能で寝たり起きたりを繰り返すと脳が完全に覚醒するまでの時間が徐々に長くなり1時間たっても2時間たっても眠気が続き、気だるい朝を過ごすことになります。

朝が苦手な人ほどスヌーズ機能を使うべきでは無いのかもしれません。

スポンサーリンク