【Gmail】メール送信後30秒以内なら送信キャンセルが可能に

シェアする

Gmail_logo

Gmail の標準機能に『送信取り消し』を追加された。
設定により、送信ボタンを押してから最大で30秒は送信をキャンセルできる。

うっかりメールの作成途中で送信してしまった場合でもキャンセルできるのは大変便利ですね。

設定方法

設定→全般→送信取り消し: 項目の「取り消せる時間」を任意で設定が可能。

gmail

キャンセルボタン

メール送信時に画面上部に表示されるメッセージが変わり、
「メッセージを送信しました。取消」のようにキャンセルのリンクが表示され、上記設定の「取り消せる時間」以内にクリックすると
メールの送信がキャンセルされます。

gmail2

gmail3

30秒待たないとメールの送信は完了しないのか

送信ボタンを押した時点で、「送信予約」の状態となり30秒たった時点で実際送信されます。
その間にページを移動したり、閉じたりした場合でもメールが送信できなくなるようなことは無いそうです。

スポンサーリンク