【純正品の素晴らしさ比較】クイックルワイパーは100円ショップとここが違う

シェアする

「床が拭ければどれも同じようなものだろう」と考えていた時期が僕にもありました・・・。

100円均一のクイックルワイパーもどきを今まで使っていましたが、いくつか不満がでてきてついに本家本元「クイックルワイパー」を購入しました。

スポンサーリンク

100円ショップ品の不満

1.柄が微妙に短くて腰にくる

つっぱり棒式の長さ調整が可能ですが、最大まで伸ばしても少し短い。せめてあと10cm長ければよかったんですが・・・。

2.首が前後にしか回らない

斜めや縦方向に拭けない。しかもうっかりひねるとジョイント部分がとれちゃいます。イライラ

3.全体的にパーツの耐久性が頼りない

落ちにくい汚れがあるとつい体重をかけてゴシゴシやりたくなるもの。100円ショップのワイパーでは折れてしまいそう。

4.ワイパーの端っこしか床を拭けていない

床との接地面が平らなため中心部分にはほとんど汚れがついていない。

クイックルワイパーを使ってみて感動した

1.絶妙な柄の長さ

③組み立てやすく、ゆるまない、スリムジョイント

イメージ

腰に負担がかからない長さ。(おじいちゃんみたいな感想だけどまだ22ですよ)

2.360度回転できるジョイント

斜めで!縦で!どんな角度でも力をいれて拭けることの素晴らしさ。ここが一番感動しました。やはり本家は違う と。

3.力を入れても安心

持った時にすこし重みがあり全体的にしっかりとした造り。体重をかけても折れそうな気配はない。

4.考えぬかれたヘッド部

①パワフル採集のカーブヘッド。

採集メカニズム

シートの汚れ比較 ※シートはドライシート

イメージ

近年改良が加わりさらに汚れを多く取れるようになったヘッド。旧型を使ってる人は買い替えもありかもしれない。

今現在100円ショップのやつを使ってる人は是非買ってみてください!感動するはず。

スポンサーリンク