【値切る技】引越し見積もりは同時に数社へ依頼すべき

シェアする

どうも、10日間も更新をサボっていたmaruです。

というのも現在は東京に住んでいるのですが、急遽実家のある岡山へ引っ越すことに。引っ越すとなるとマンションの賃貸契約解除や区役所へ転出届け、郵便局へ郵便物の転送届、仕事の退職届、ハローワーク。いろいっろとやることがたくさん・・・。

その中でもやはり大変なのが引っ越し。引っ越しにかかる金額は決して小さくないため業者選びを失敗すれば大損こきます。そうならないためには「同時に数社の引越し見積もりを取ること」がおすすめ。何故かと言うと値切りやすいから!

スポンサーリンク

3社の見積もりを1日で同時に依頼してみた

昨日2/12にアリさんマークとサカイとプロロの順に3社に見積もり依頼をしてみました。結果から言うとプロロに依頼したのですが、かなり負けてもらいましたよ!

まとめて依頼するのにつかったのは「引越しお得ネット」。実際に見積もりが来る前に大まかな引越し相場が表示されるので便利です。



今回の引っ越しで移動するもの

  • ダンボール約30箱(主に本)
  • チェスト2つ+ハンガーにかかった衣類20着ほど
  • 食器(ダンボール1箱分ほど)
  • パソコン2台
  • ギター2本
  • 60cm水槽1つ

と、これくらい。だいぶ少なめですが冷蔵庫や洗濯機、ベッドなどをトラックに載せるとなると一つ大きいサイズのトラックに変更になるため料金が跳ね上がり、新しく買ったほうが安いから処分しようという判断を下しました。

1社目アリさんマークの引越社

16時15分に来訪。「これとこれとこれを持っていきます」と伝えて見積もりを出してもらった。

結果 172,800円

東京から西日本へ引っ越すとなると15~30万が相場と言われているが、そう考えれば安い。ちなみにベッド・ソファを載せるといくらですかと聞いてみたところ259,200円(´・ω・`)

プラス8万以上もかかるなら新しいの買うわ・・・。最後に見積もりのおまけとして「ハンディクイックル」を貰った。

次!2社目引っ越しのサカイ

17時半ごろに来訪。アリさんのときと同じ流れでもってく荷物を伝えた。と、ここで!「あのぅ・・・アリさんの見積はこんなかんじだったんですが」と見積書を見せる。

見積の人「安いっすねぇ・・・でもがんばりますよ!」

と言ってくださりなんと結果は163,000円の見積もり!-10,000円はでかいです。

さらに混載便(他に引っ越す人が近くにいれば同じトラックに荷物を一緒に載せていく便)というのを提案して下さり、それならば109,000円!これの難点は荷物を渡してから3週間後の到着になること。まぁ主に本とかだし大丈夫っしょ!

最後におまけとしてお米1kgをくれた!

最後にプロロ

20時頃来訪。いろいろ伝えるのがめんどくさくなりそっこーで先に来た2社の見積もり書を見せる。

「いやぁこれは・・・」といいつつ本社へ電話をかけるおじさん。

混載便いけるなら・・・がんばりますよ!と驚愕の86,400円の見積もり!

ここまで下がるとは思ってもなかったので即決しました。おまけはなかったですが不要品の処分を後輩のリサイクル業者に依頼してくれるそうです。

依頼しない会社への断り連絡は不要

プロロに決定したはいいが、おまけとかいろいろ貰った他の会社に断りの連絡入れるのめんどくさいなぁ・・・と思っていたら「引越しお得ネット」から電話があった。

プロロに決めましたと伝えたところ「他の会社から電話がかかってこないようにお客様データは削除致しますので、ご安心ください」とのこと。

これは結構ありがたい。

そうでなくてもやること多くてストレスのたまる引越し。すこしでも手間は省きたいもんね。
スポンサーリンク